『村を育てる学力』 完売しました。

4月に再販しました「村を育てる学力」が完売しました。

今後は、購入希望される方が、一定数に達しましたら出版社に発注しますので、本日から予約を受付します。

納期は未定です。

 

東井義雄「こころの詩」紙芝居DVD上映会のお知らせ

東井義雄「いのちの詩」紙芝居DVDの上映会を行います。

日時 平成28年10月23日(日)

場所 東井義雄記念館

第1回上映時間 10:15~  タイトル:東井義雄さん

第2回上映時間 11:15~  タイトル:小さいしんぞう

第3回上映時間 13:15~  タイトル:雨の日には雨の日の生き方がある

第4回上映時間 14:15~  タイトル:コウノトリ再び大空に舞う子どもた                 ちよ!

 

入場無料ですので、ぜひご来場ください。

 

 

 

 

東井義雄「いのちの教育」シリーズ1 教育読本8月発刊

「但東町広報」に掲載された東井義雄先生の文を中心にまとめました。

青少年の健やかな成長を願って家庭・学校・地域で、“今、何をしなければならないか”について、「家庭教育のあり方」「こんな子どもに」を東井先生にご指導いただいたものです。現在でも十分に子どもたち私たちの心に訴える内容です。今一度お読みいただき考える機会としていただければ幸いです。

また、家庭・学校・地域での話し合いの教材としてご活用ください。

シリーズ1は、主に昭和55年5月~59年1月まで.

シリーズ3まで発刊予定

9月の休館日のお知らせ

9月6日(火)

9月13日(火)

9月19日(月)敬老の日

9月20日(火)

9月22日(木)秋分の日

9月27日(火)

 

兵庫教育大学 教材文化資料館「ノート指導」前期展が開催されています。

東井義雄先生のノート指導が展示されています。

戦後の国語教育実践者である先生は、「村の子どもたちを賢く、賢くしてやらねば、子どもたちの幸せも大人たちの幸せもなりたちはしない」と考え、子どもたち、地域をどうすればよいか悩み苦しみ教育を進められました。先生は、学習帳のあり方に注目され、子どもたちの指導に当たられました。

情報社会ですが、「ノート指導」は必要だと思います。この機会にぜひ資料館へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

東井先生は、退職後14年間、兵庫教育大学大学院非常勤講師をされていました。

期間 平成28年4月1日~8月31日

詳しくは、付属図書館ホームページをご確認ください

「村を育てる学力」販売中です

先日お知らせしました「村を育てる学力」再版いたしました。

数量限定販売ですので、この機会にぜひお買い求めください。

価格 3680円(税込)

郵送の場合、送料ご負担願います。

5月の休館日のお知らせ

5月3日(火)憲法記念日

5月4日(水)みどりの日

5月5日(木)こどもの日

5月10日(火)

5月17日(火)

5月24日(火)

5月31日(火)

 

東井義雄教育塾「読書会」のご案内

東井義雄先生の遺された言葉や文章を読み、先生の人生観・教育観を学び、共に生きるを考えます。

どなたでも参加いただけます。年5回実施、1回だけの参加でもOKです。

テキストを中心に輪読し、学ぶ点や感想を話し合います。

今年のテキストは「村を育てる学力」です。(村を育てる学力は4月販売予定です。)

●会場

兵庫県豊岡市但東町佐々木1270   東光寺

●日時

第1回 5月14日(土) 9:30~11:30

第2回 6月4日(土)  9:30~11:30

第3回 7月2日(土)  9:30~11:30

第4回 9月3日(土)  9:30~11:30

第5回 10月1日(土) 9:30~11:30

●参加費

1回につき200円(事務連絡費として)

 

問い合わせは東井義雄記念館までお願いします。

「村を育てる学力」販売のお知らせ

絶版により在庫切れとなっていました「村を育てる学力」を販売することとなりました。

東井義雄先生の教育理念の基礎が記された代表作で、教育界では高い評価を得ている貴重な書籍です。

ぜひ、この機会にご注文ください。

1 販売予定 4月

2 価格 3,410円(予価・税別)

東井義雄「いのちの詩『小さい勇気をこそ』」絵本の販売

いのちの教育副読本

東井義雄「いのちの詩『小さい勇気をこそ』」絵本の販売

 

東井義雄詩集の中から「小さい勇気をこそ」という詩を絵本にして発刊いたしました。

東井先生は、子どもたちに次のように伝えようとされた。「私たちは、しなければならないことをせず、いつも誘惑に負けてしまいがちである。これでは、立派な人間が育たない。自分の欲望に勝つような小さい勇気をたくさん持つことが自分を育てることになる。」

この副読本が、子どもたちの心をゆさぶり、自分の中にいる悪魔をやっつける小さい勇気をたくさん持ち、大きく羽ばたいてくれることを願っています。

1 いのちの詩「小さい勇気をこそ」 500円(送料別)

2 問い合わせ  東井義雄記念館

240白もくれん
kotoba touisyou ツイッター-01 240白もくれん kamidvd